日光名物「ゆばむすび」を食べに補陀落本舗に行こう!

ふだらく本舗のゆばむすび

※新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業や時短営業を行っていることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。またお出かけの際には、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

昭和27年創業の和菓子屋

栃木県日光市にあります「補陀落(ふだらく)本舗」に行ってきました。

ふだらく本舗は昭和27年創業の和菓子屋で、こだわり自家製餡で作った手造り和菓子を販売しています。この「補陀洛(ふだらく)」とは「日光」という地名の源なんだそうですよ。

そんなふだらく本舗ではオリジナル商品の、日光名物「ゆばむすび」がテレビに取り上げられるなど人気を得ています。今回はそんな、ゆばむすびを食べに行ってきましたので紹介します。

1日50パック限定の店頭販売のみ

そんな「ゆばむすび」は、半生ゆばを使用しているため1店舗、1日50パック限定で店頭販売のみなのだそうです。日光市内にある直営店の「本店」か「石屋町店」の店舗に実際に行かないと買うことができないのです。

その他は、JR宇都宮駅構内にある栃木県産品のお土産を扱っている「とちびより(2F GRANDMARCHE)」でも販売をしているそうですよ。

人気商品のため売り切れていることもあるそうなので「ゆばむすび」を目当てで訪れる方は注意です。ただ直営店では予約をすることができますので、事前に予約をしてからの訪問がおすすめですよ。予約などのお問い合わせは、「補陀落本舗ホームページ」からできますよ。

補陀洛本舗本店

補陀洛本舗(本店)の外観

▲日光東照宮から車で6分ほどの 国道120号線(ロマンチック街道)沿いにある「本店」です。駐車場は店舗横にあります。

店内には和菓子の販売にイートインで食べていけるスペースもありますよ。

補陀洛本舗 本店

住所
栃木県日光市花石町1935-1
GoogleMapで見る
電話
0288-54-2385
営業時間
8:30~17:00
定休日
年中無休

補陀洛本舗石屋町店

補陀洛本舗(石屋町店)の外観

▲日光駅より徒歩5分ほどの国道119号線(ロマンチック街道)沿いにある「石屋町店」です。駐車場は道をはさんだ向かい側にあります。

石屋町店も同じく、和菓子の販売にイートインのスペースがあります。

補陀洛本舗 石屋町店

住所
日光市石屋町406-4
GoogleMapで見る
電話
0288-53-4623
営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

本店の店内

補陀洛本舗(本店)の店内

▲こちらは、ふだらく本舗(本店)の店内です。改装したとのことで店内はきれいでした。 このようにテーブルとイスがありますので、お土産を買うついでに食べていくことができますよ。

ゆばむすび

▲ゆばむすびは2個入りで400円です。パックに詰められていますので好きなところで食べられますよ。ですが日持ちは当日の20時までですのでなるべく早めに食べてくださいね。

補陀洛本舗のゆばむすび

▲パックをあけると半生の日光ゆばが巻かれたゆばむすびと醤油で漬けた漬け物が入っています。ゆばのつるっとした見た目がきれいですね。

補陀洛本舗のゆばむすびの中身

▲ゆばむすびのお米は、数種類の出汁と醬油、みりん等で味付けし、ふっくらと蒸しあげた和菓子屋の「餅米おこわ」なんだそうです。

半生ゆばのとろっとした口当たりに風味がたまらないです。ゆばに若干の塩気があり、モチモチなおこわの味を引き立てて出汁の旨味が感じられて美味しいです。やさしい味のゆばむすびで、2個をぺろっと食べられますよ。

大栗最中・山菅

補陀洛本舗の山菅最中のPOP広告と見本

▲山菅最中(やますげもなか)は十勝産の最高級大納言(だいなごん)豆を使用したアンコに、国内産の高級栗を蜜漬けにした大粒栗が入った日本一大きな最中なんだそうです。

こちらもふだらく本舗の自信作でお土産におすすめな商品です。

▲そしてこの山菅最中はイートインに限り5等分に分けられた1つを買うことが出来ます。この場合だと1つ250円で食べていくことが出来ますよ。

山菅最中はサクっとした皮に、つぶのしっかりしたアンコがどっさりと入っているうえに、さらに大きな栗がまるまる1つと贅沢な最中です。小豆の美味しさが感じられる餡に栗は甘さもしっかりあり、お茶請けにはぴったりの商品ですよ。

お土産として買っていく前に味見としても食べられますので、ぜひ食べてみてください!

日光観光に来たらゆばむすびを食べよう!

ふだらく本舗のゆばむすびを食べるには、実際に日光か宇都宮駅に行かないと食べられないのですが、観光や用事などで機会がありましたらぜひお土産におすすめの商品です。

本店」と「石屋町店」に大きな違いはありませんので、訪れやすい方に行ってくださいね。日光観光の際にはぜひ、ふだらく本舗の「ゆばむすび」を食べに訪れてみてください!

日光名物のゆばが食べられるお店の記事

こちらの記事もおすすめ

  1. 雅紀屋のわらじかつまぶしのセット

    雅紀屋オリジナル! 秩父名物わらじかつが1度で3回楽しめる「わらじかつまぶし」とは?

  2. 秩父東大門の外観

    「焼肉レストラン東大門」で秩父の名物わらじかつ丼を食す!

  3. 秩父わらじかつ亭の姫豚わらじかつ丼

    西武秩父駅直結の「秩父わらじかつ亭」で食べる姫豚わらじかつ丼はおすすめ!

  4. 万葉亭の外観

    モンドセレクション最高金賞を受賞した「万葉亭」の水沢うどんを食べよう!

  5. 遊喜庵のガラマーチャうどん

    カレーうどん専門店「游喜庵(ゆうきあん)」で辛旨なガラマーチャうどんを食べたよ!

  6. たぬ金亭の外観

    全国丼グランプリ5年連続金賞の豚玉丼を食べに「たぬ金亭」に行こう!

  7. こんにゃくパークの外観

    群馬の「こんにゃくパーク」は入場料・工場見学・バイキングが無料で楽しめる、こんにゃくのテーマパーク!

  8. かまやのNIKKO丼

    かまやカフェ・デュ・レヴァベールのNIKKO丼(日光丼)は日光名物「ゆば」も食べられる贅沢丼!

  9. ちんばたの秩父名物W丼の並

    「ちんばた」の「秩父名物W丼」は豚みそ丼とわらじかつ丼を一度で楽しめる贅沢丼!

  1. 草津温泉「茶房ぐーてらいぜ」の外観

    草津温泉の喫茶店「茶房ぐーてらいぜ」に寄ってよい旅をしよう!

    2019.12.26

  2. 草津温泉「喫茶去」の外観

    草津温泉「奈良屋」併設のおしゃれなカフェ「喫茶去」で一服しよう!

    2019.12.26

  3. 草津菓匠 清月堂 門前通り店の外観

    草津菓匠「清月堂」の「カフェ花いんげん」でひと休み!

    2019.12.26

  4. 草津温泉「大滝乃湯」の外観

    草津温泉「大滝乃湯」で美人の湯として名高い煮川源泉に草津伝統の…

    2019.12.15

  5. 熱乃湯の湯もみと踊りのショーの湯もみ場

    「熱乃湯」の草津温泉名物「湯もみと踊り」ショーで伝統を肌で感じ…

    2019.11.19

  6. 草津温泉三湯めぐり

    「ちょいな三湯めぐり手形」で草津温泉をお得に堪能しよう!

    2019.11.13

  7. とんかつの店「とん香」のジャンボロースかつ定食

    草津温泉「とんかつの店 とん香」で絶品とんかつを食べよう!

    2019.11.03

  8. 草津温泉「暖」の生姜焼き定食の生姜焼きの肉

    草津温泉「暖」の「あの生姜焼き」を食べに行こう!

    2019.11.03

  9. ふだらく本舗のゆばむすび

    日光名物「ゆばむすび」を食べに補陀落本舗に行こう!

    2019.09.14

  10. かまやのNIKKO丼

    かまやカフェ・デュ・レヴァベールのNIKKO丼(日光丼)は日光名物「…

    2019.09.13

アーカイブ

カテゴリー

お得な宿を探そう!

【c】【公式】トリップアドバイザー