草津温泉の食べ歩きスポットを紹介するよ!

草津食べ歩きスポット紹介

※新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業や時短営業を行っていることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。またお出かけの際には、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

草津食べ歩きスポットを紹介!

草津温泉のシンボルである湯畑周辺や西の河原への道すがらには食べ歩きに最適なお店がたくさんあります。おまんじゅう屋などでは試食をさせてもらえるところもありますし、温泉街をぶらぶらと食べ歩き散策するのも楽しいですよね。

そんなお店の中から実際に気になって食べ歩いたおすすめのお店をご紹介します。

丸井堂

草津には何店かまんじゅう屋がありますが、そのうちのひとつの「丸井堂」です。

湯畑から西の河原公園に向かう西の河原通り沿いにある、この丸井堂ではまんじゅうの試食にお茶までもいただけます。まんじゅうは謳っている通りに皮がふわふわで柔らかく、そして北海道産の小豆を使用しているという餡も小豆の味がしっかりと感じられて美味しかったです

丸井堂製菓

住所
群馬県吾妻郡草津町草津486-2
電話
0279-88-4577

長寿店

西の河原通り沿いにある「長寿店」は活気がすごく、店員さん達が声掛けを積極的に行っていて試食もどんどん前を通る人に配っています。

長寿店のまんじゅうは定番の「あずき(茶皮+あずき餡)」、「栗(白皮+栗餡)」、「うぐいす(抹茶皮+うぐいす餡)」の3種類があります。3種類とも試食をさせていただきましたが、どれも出来立てのあつあつで個性の違う3種類を楽しめました。餡は少し甘めでまんじゅうの試食とともにいただいたお茶ともよく合いますし、料金もお手頃なのでお土産にいいと思います。

長寿店

住所
群馬県吾妻郡草津町草津大字草津495-1
電話
0279-88-6661
営業時間
7:00~20:00
定休日
年中無休

山びこ温泉まんじゅう

湯畑の前にある「山びこ温泉まんじゅう」には、「あげまんじゅう」という他とは違ったまんじゅうが食べられます。1個から買うことができ、あげまんじゅうは1個150円です。

あげまんじゅうは揚げたてで、外はサクっとゴマの風味も良く、中はしっとりとした甘さ控えめの餡がまさに癖になる味でした。

山びこ温泉まんじゅう

住所
群馬県吾妻郡草津町草津118-2
電話
0279-88-3593
営業時間
8:00~20:00
定休日
不定休
参考サイト
食べログ

本家ちちや

草津温泉「本家ちちや」の外観

▲草津温泉に3店舗を構えている「本家ちちや」は温泉まんじゅうが人気のお店です。そのうちの1店舗の湯畑前にある「湯畑店」では蒸したてのおまんじゅうが食べられます。バラ売りもしていますので食べ歩きも楽しめます。

ちちやの温泉まんじゅうは2種類あります。白い皮のおまんじゅうが「二色あんまんじゅう」で、茶色い皮のおまんじゅうが「茶まんじゅう」です。

二色あんまんじゅうは「栗あん」と「こしあん」の2種類のあんが入っているオリジナル商品で2つの味を楽しめます。なめらかな栗あんの上品な甘さが口に広がり美味しいですよ。茶まんじゅうはしっとりとした「黒糖生地の皮」とほどよい甘味の「つぶあん」の組み合わせが美味しいまんじゅうです。

本家ちちや 湯畑店

住所
群馬県吾妻郡草津町大字草津114
電話
0279-88-3636
営業時間
8時~21時
公式サイト
本家ちちやHP

松むら饅頭

草津温泉「松むら饅頭」

▲西の河原通りにある「松むら饅頭(まんじゅう)」は1945年(昭和20年)創業の温泉饅頭の専門店です。松むら饅頭の「温泉まんじゅう」はその日に蒸し上がったものだけを販売していて、閉店前でも売り切れてしまうことも多いという人気店です。

温泉まんじゅうは1種類だけで、箱詰めの他にバラでも1個90円で販売しています。黒糖を使用しているという薄皮はふわふわでしっとりしています。北海道の小豆を使用した自家製餡は小豆の感じが少し残っている「粒あん」で、上品な甘さとなめらかな食感が美味しいです。

松むら饅頭の温泉まんじゅうは冷めても美味しいと評判ですのでお土産にもおすすめですよ。

松むら饅頭

住所
群馬県吾妻郡草津町草津389
電話
0279-88-2042
営業時間
7:00~17:00(売り切れ次第閉店)
定休日
火曜(水曜不定休)
※繁忙期など営業していたり、臨時休業していることもありますので事前にHPを確認してください
公式サイト
松むら饅頭HP

頼朝

草津温泉「頼朝」の外観

▲湯畑前にある「頼朝」は様々な漬物を豊富に取り揃えている土産品販売店です。「湯畑店」と「西の河原店」があります。そんな頼朝では「温泉たまご」が有名です。賞味期限が2週間で常温で保存ができるのでお土産にも最適です。

1個120円での販売もしていて、カップにはスプーンとだし汁が入っていますのでその場で食べていくことが出来ますよ。頼朝の温泉たまごは黄身がやや硬めの絶妙な半熟具合で美味しいです。

頼朝湯畑店

住所
群馬県吾妻郡草津町大字草津116-2
電話
0279-88-8146
営業時間
9時~21時
定休日
不定休
公式サイト
頼朝HP

寺子屋本舗

西の河原通り沿いにある「寺子屋本舗」では串ぬれおかきが食べられます。「串ぬれおかき(1本200円)」は5種類の味から選べます。お煎餅も1枚から売っていますよ。

七味唐辛子を選びました。串ぬれおかきは甘辛な味にしっとりとしたやわらかな食感が良く食べ応えもありました。寺子屋本舗は日本全国の観光地を中心に店舗があるお店だそうです。

寺子屋本舗草津温泉店

住所
群馬県吾妻郡草津町大字草津507番地
電話番号
0279(88)9707
営業時間
9:30~17:30(10/11~8/10)・9:30~18:00(8/11~10/10)
定休日
なし
公式サイト
寺子屋本舗HP

ごま福堂

▲西の河原通りにある「ごま福堂」はゴマを扱っている専門店です。このごま福堂も寺子屋本舗グループのひとつなんだそうです

ここでは「黒ごまかりんとう饅頭(100円)」と「ごまとろり(4個入り、270円)」を買いました。黒ごまかりんとう饅頭は油で揚げていて外がカリカリで黒ごまの風味がよいです。ごまとろりは、まさに中からとろ~りと出てくるごまだれが、口いっぱいに広がっておいしいですよ。

そして、「こだわり素材の特選ソフトジェラート」の中から「本練り黒ごま(380円)」を食べました。こちらは、牛乳・卵を使わずに豆乳を使用していて、甘さは控えめでさっぱりなのにクリーミーな味わいになっています。ソフトクリームに使われている「黒ごま」にさらに「金ごま」もかかっていてゴマの香ばしさを存分に堪能できますよ。

ごま福堂 草津店

住所
群馬県吾妻郡草津町草津390-4
電話
0279-88-5559
営業時間
09:30~17:30
定休日
なし
公式サイト
寺子屋本舗HP

山マタギと海番屋

西の河原通り沿いにある「山マタギと海番屋」では川魚や豚串・鳥串などが串焼きで売っているまさに食べ歩きには最適なお店です。

群馬県の赤城どりを使っているという「赤城どり塩串焼き(450円)」を食べてみました。串はボリュームがあり、赤城どりはしっかりとした歯ごたえでジューシーな満足感のある串焼きでした。

山マタギと海番屋

住所
群馬県吾妻郡草津町草津486-2
電話
0279-88-7515
参考サイト
食べログ

草津ガラス蔵

西の河原通り沿いにある「草津ガラス蔵」という食べ歩きに関係なさそうなお店ですが、こちらでは温泉たまごが1個120円で食べられます。

しかも、草津で唯一源泉を使用していて、作り方も80度の湯で12分加熱した卵を、さらに50度の源泉にじっくり2時間以上入れておくというこだわりです。温泉の成分が含まれてひと味違うというこの温泉たまごは、とろ~りと濃厚な味で美味しかったです。

草津ガラス蔵

住所
群馬県吾妻郡草津町草津483-1
電話
0279-88-0050
公式サイト
草津ガラス蔵HP

湯あがりかりんと

草津温泉「湯上りかりんとう」の外観と店内

西の河原沿いにある「湯あがりかりんと」では、かわいらしい浴衣柄の袋に入ったかりんとうを販売しています。かりんとうの種類もたくさんあり、お土産として大変喜ばれそうなお店ですね。

湯上りかりんとうの上州牛まん

そんな見た目はポップでかわいい感じの湯あがりかりんとですが、「湯あがり上州牛まん(税抜き320円)」という上州牛を贅沢に使用した牛まんが売っています。

豚まんではなく、牛まんということで興味をそそられて食べてみました。皮は熱々でふかふか、餡はジューシーでしっかり牛肉の旨味が詰まっていて美味しいです。小腹が空いたときにはおすすめですよ。

湯あがりかりんと

住所
群馬県吾妻郡草津町草津字泉水505
電話
0279-82-5551
営業時間
9:30〜17:30
定休日
水曜日
公式サイト
湯あがりかりんとHP

グランデフューメ草津

グランデフューメ草津の外観と店内

▲湯畑から歩いて6分ほどにある「グランデフューメ草津」は草津ラスクとジェラートのお店です。草津ラスクの販売と日本初上陸の「イタリアンソフトジェラート」にトッピングを楽しめるブッフェスタイルのお店として人気です。

ここではなんとソフトジェラートが500円で時間制限なしの食べ放題なんです。お店で販売しているのと同じラスクも、好きなだけトッピングをすることができます。

▲ソフトジェラートは「バニラ」・「ミルクチョコレート」・「ヨーグルト」・「塩キャラメル」の4種類がありました。ラスクとチョコスプレー、ソースのトッピングは日替わりです。

ソフトジェラートとは、ソフトクリームの滑らかさとジェラートの濃厚さを合わせたアイスなんだそうです。そんなソフトジェラートは濃厚なのに後味が甘すぎずさっぱりしています。そのままでも美味しいラスクにトッピングとで食感と味のアクセントが付いていくらでも食べられそうですよ。

さらに嬉しいのは無料カフェコーナーがあり「煎茶」・「コーヒー」・「お水」の冷たいのと温かいものが飲めます。食べ歩きとは少し違うかもしれませんが、気軽に立ち寄れて休憩もできますのでおすすめのお店ですよ。

グランデフューメ草津

住所
群馬県吾妻郡草津町大字草津594-4
電話
0120-066-862
営業時間
9:00~18:00 (季節によって変動あり)
定休日
なし(季節により変動あり)
料金
大人500円 、小学生以下250円、3歳以下無料
公式サイト
グランデフューメ草津HP

花咲カフェ・草津たまごファーム

草津たまごファーム

▲湯畑前にある「草津たまごファーム」は、群馬のブランドたまごを使ったお菓子を販売する土産物屋です。そんな草津たまごファームに併設されている「花咲カフェ」では、卵を使ったスイーツや珈琲に抹茶などのドリンクなどのカフェメニューが充実しています。

花咲カフェでは「たまごたっぷりどら焼き(360円)」と「たまごのぷりん(380円)」と「ミックスソフト(380円)」を食べました。ここの商品はたまご専門店なだけあって、どれもたまごの味が濃く美味しいです。

どら焼きは豪快な中身に目が行きがちですが、まず皮がしっとりと風味良くたまごの味が濃厚で美味しいのです。そして中身も冷たいアイスにいちごと、皮とクリームとのコントラストが良く満足感のある商品です。

たまごのぷりんも同じくたまごの味が濃厚で、そのままでも美味しいなめらかなプリンです。そのままでも美味しいのですが、別添えの「カラメルソース」がまたほろ苦な味でたまらないです。別添えなので、好みで味を調節して楽しんでみてください。

ミックスソフトは「浅間高原牛乳ソフト」と「地鶏たまごソフト」のミックスで、さらにキャラメルソースがかかっています。どちらの味も素材を贅沢に使っていて濃厚で満足感があり甘いもの好きにおすすめです。

花咲カフェ・草津たまごファーム

住所
群馬県吾妻郡草津町大字草津西町401
電話
0279-82-1911
営業時間
10:00~18:00
定休日
無休
関連サイト
草津たまごファーム Facebook

草津温泉プリン

草津温泉プリンの外観と湯畑プリン

▲「草津温泉プリン」は2019年8月にオープンしたばかりのプリン専門店です。こだわりの国産素材を使い店内の工房で一つ一つ手作りで作っているという本格的なお店です。

ここでは看板商品の「湯畑プリン(400円)」を食べてみました。湯畑のエメラルドグリーンをイメージしたというジュレはメロンサイダーの味です。そしてプリンには「群馬県の榛名(はるな)牛乳」に「マダガスカル産の最高級バニラビーンズ」の天然100%のものだけをふんだんに使って作られています。

ジュレのさわやかさとプリンのなめらかで濃厚な味の組み合わせが美味しいです。そしてなによりプリンの香り豊かな風味がたまらないです。厳選した素材を贅沢に使っているからこその味だと思います。

さらに見た目もかわいいパッケージのビンにカラフルで美しく美味しいこのプリンは、これから草津温泉の人気店になっていくと思います。

草津温泉プリン

住所
群馬県吾妻郡草津町大字草津字407番地
電話
0279-82-5278
営業時間
9時~18時(季節により変動あり)
定休日
不定休
公式サイト
草津温泉プリンHP
草津温泉プリン twitter

※まだオープンしたばかりで情報も少ないのでHPやツイッターなどで最新情報は確認してみてください。

草津温泉で食べ歩きを楽しもう!

以上、実際に食べ歩いたお店に商品の紹介でした。

紹介したお店以外にもまだまだ食べ歩きできる素敵なお店が草津にはあります。僕が実際に食べたものを紹介するというコンセプトなので、全部のお店は紹介しきれませんでしたが、また草津に訪れて紹介できるお店を追加していきたいと思います。

種類も豊富で歩いていると楽しくなる草津は食べ歩き好きにはたまらない街だなと思います。みなさんもぜひ草津観光の際には食べ歩きを楽しんでみてください!

草津温泉食べ歩きマップ

草津温泉のおすすめ飲食店の記事

  • 湯畑の目の前にある定食屋です!
  • インパクト大な「ジャンボロースかつ」がおすすめ!
  • 草津の特産品「花いんげん豆」の和菓子を販売しています!
  • 明治10年創業の老舗旅館「奈良屋」に併設されているカフェです!
  • 湯畑の近くにある喫茶店です!

こちらの記事もおすすめ

  1. ちんばたの秩父名物W丼の並

    「ちんばた」の「秩父名物W丼」は豚みそ丼とわらじかつ丼を一度で楽しめる贅沢丼!

  2. ほんとのインド料理とカレーの店の秩父わらじカツカレー

    インドカレーと秩父名物わらじカツがまさかのコラボ!「秩父わらじカツカレー」が食べられる「ほんとのインド料理とカレーの店」

  3. たぬ金亭の外観

    全国丼グランプリ5年連続金賞の豚玉丼を食べに「たぬ金亭」に行こう!

  4. 歩成の黄金ほうとう(豚肉入り)

    三連覇・殿堂入りの味「黄金ほうとう」を食べに山梨の「歩成本店」に行こう!

  5. 草津温泉「喫茶去」の外観

    草津温泉「奈良屋」併設のおしゃれなカフェ「喫茶去」で一服しよう!

  6. 万葉亭の外観

    モンドセレクション最高金賞を受賞した「万葉亭」の水沢うどんを食べよう!

  7. 野さかの看板

    豚みそ丼の元祖「野さか」で秩父名物を食べよう!

  8. 秩父わらじかつ亭の姫豚わらじかつ丼

    西武秩父駅直結の「秩父わらじかつ亭」で食べる姫豚わらじかつ丼はおすすめ!

  9. 日光さかえやの外観

    「東武日光駅」すぐ目の前!「さかえや」の揚げゆばまんじゅう!

  1. 草津温泉「茶房ぐーてらいぜ」の外観

    草津温泉の喫茶店「茶房ぐーてらいぜ」に寄ってよい旅をしよう!

    2019.12.26

  2. 草津温泉「喫茶去」の外観

    草津温泉「奈良屋」併設のおしゃれなカフェ「喫茶去」で一服しよう!

    2019.12.26

  3. 草津菓匠 清月堂 門前通り店の外観

    草津菓匠「清月堂」の「カフェ花いんげん」でひと休み!

    2019.12.26

  4. 草津温泉「大滝乃湯」の外観

    草津温泉「大滝乃湯」で美人の湯として名高い煮川源泉に草津伝統の…

    2019.12.15

  5. 熱乃湯の湯もみと踊りのショーの湯もみ場

    「熱乃湯」の草津温泉名物「湯もみと踊り」ショーで伝統を肌で感じ…

    2019.11.19

  6. 草津温泉三湯めぐり

    「ちょいな三湯めぐり手形」で草津温泉をお得に堪能しよう!

    2019.11.13

  7. とんかつの店「とん香」のジャンボロースかつ定食

    草津温泉「とんかつの店 とん香」で絶品とんかつを食べよう!

    2019.11.03

  8. 草津温泉「暖」の生姜焼き定食の生姜焼きの肉

    草津温泉「暖」の「あの生姜焼き」を食べに行こう!

    2019.11.03

  9. ふだらく本舗のゆばむすび

    日光名物「ゆばむすび」を食べに補陀落本舗に行こう!

    2019.09.14

  10. かまやのNIKKO丼

    かまやカフェ・デュ・レヴァベールのNIKKO丼(日光丼)は日光名物「…

    2019.09.13

アーカイブ

カテゴリー