不思議な穴だらけの吉見百穴は見どころたくさん!

吉見百穴

※掲載している情報は記事執筆時のものです。施設や店舗の営業状況が変更されている場合があります。最新の情報は各施設や各店舗の公式ホームページなどでご確認ください。また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

国指定史跡・吉見百穴

埼玉県の吉見町にある国指定史跡の「吉見百穴(よしみひゃくあな)」に行っってきました。

吉見百穴は今から約1400年前の古墳時代後期(6世紀-7世紀頃)の横穴墓群であり、大正12年に国史跡に指定されています。明治20年(1887年)に東京帝国大学(現東京大学)の大学院生であった坪井将吾郎が地元の人々の協力を得て全面発掘を行い、237基の横穴を発掘したそうです。

吉見百穴の説明看板

現在は237発掘されたうちの219基の穴が確認でき、その穴数は国内最大規模なんだそうです。吉見百穴では、そんな穴だらけな不思議な光景を見物することができます。

吉見百穴の穴

斜面を階段で上がることができ、一部の横穴には入って観察できるようになっています。

吉見百穴の穴と穴の中

穴を実際に観察すると入口も約1メートルと小さく、中も腰をかがめてやっとはいる大きさです。

こうして見ると明治時代にはコビトのような日本の先住民族「コロボックル」の住居として作られたものではないかといった説があったというのもうなずけますね。

吉見百穴の見晴らし台

▲そして、さらに階段を上がっていくと景色の良い見晴らし台にいけますよ。こうして見てみると結構な高さまで上がってきたなと思いますね。

中に入るとひんやりな地下軍需工場跡地

吉見百穴の地下軍需工場跡

吉見百穴では史跡だけではなく戦時中に作られた地下軍需工場跡も見物することができます。

しかし、残念ながら2018年10月現在は点検・調査のため、地下軍需工場跡内には立ち入りができないとのことで覗けるだけになっています。ですが、雰囲気は味わえるのでぜひ涼風が吹き出す感じなど体験してみてください。

点検・調査中かどうかはご確認してから訪問するようにしてくださいね。また、立ち入りが開始された時には再訪問して記事にも上げたいと思います。

地下軍需工場跡

お問い合わせ先
0493-54-5027 (地域振興課商工観光係)

天然記念物「ヒカリゴケ」

ヒカリゴケはその名の通り光を反射して光るコケです。

関東地方の平野部で自生している「吉見百穴のヒカリゴケ」は植物分布上も極めて貴重な存在ということもあり昭和3年11月に国指定天然記念物に指定されています。

ヒカリゴケの生育には年中一定の気温と湿度を保つ環境が必要で、そうした条件を満たした横穴内にヒカリゴケが自生していて実際に見ることができます。

吉見百穴のヒカリゴケ

▲この写真では申し訳ないですがわかりづらいですね。奥の方にあるのがヒカリゴケです。

ぜひ、実際に足を運んでご自分の目で確かめてみてください!

岩室観音にはハート型の穴!

吉見百穴を出てすぐ歩いた所に「岩室観音(いわむろかんのん)」はありますのでぜひ足を運んでみましょう。

岩室観音

▲岩室観音には四国八十八か所めぐりと同じ功徳を得られるという石仏が祀られています。

さらに、安産にご利益のあるハートの形をした「胎内くぐり」があります。

岩室観音の胎内くぐり

▲こんな感じで本当にハートの形に見えます

ここをくぐると「諸難(しょなん)を除き、安産その他の願いごとが叶うと言われて居ます」とのことなので足元に注意してくぐってみてください。

岩室観音はパワースポットとしても注目されてますのでぜひ寄ってみましょう。

岩室観音

住所
〒355-0155 埼玉県比企郡吉見町北吉見
参考サイト
吉見町役場 岩室観音

子供も大人も楽しめる吉見百穴にぜひ行ってみよう!

吉見百穴にある吉見町埋蔵文化財センターでは勾玉や埴輪(はにわ)づくりを体験することができます。

吉見百穴の吉見町埋蔵文化財センター

センターの入館は無料です。町内の貴重な文化財の展示もしていますので興味のあるかたは寄ってみましょう。

自分が訪問した時も小さな子供達が楽しそうに体験をしていましたよ。料金もお手頃なので家族で来るのもおすすめだと思います。

吉見町埋蔵文化財センター

住所
埼玉県比企郡吉見町大字北吉見321番地
電話
0493-54-9111

吉見百穴のなりきり古代人

▲なりきり古代人なんて体験もできます。

吉見百穴のハニワなど

▲こんなハニワもどこかにいますので探してみてください

吉見百穴のいろいろ

観覧料は大人が300円で小人が200円、小学生未満無料です。駐車場もありますし駅からバスも出ていて気軽に楽しめて学ぶことができますよ。

こんな見どころもたくさんある子供も大人も楽しめる吉見百穴にぜひ行ってみよう!

吉見百穴

住所
埼玉県比企郡吉見町大字北吉見327
電話番号
0493-54-4541
営業時間
午前8時30分~午後5時
入園料
中学生以上:300円 小学生:200円 小学生未満:無料
休園日
年中無休
参考サイト
吉見町役場 吉見百穴/ヒカリゴケ

こちらの記事もおすすめ

  1. 安田屋小鹿野店のわらじカツ丼

    秩父名物「わらじカツ丼」の元祖のお店「安田屋」の小鹿野店と日野田店に食べに行こう!

  2. 雅紀屋のわらじかつまぶしのセット

    雅紀屋オリジナル! 秩父名物わらじかつが1度で3回楽しめる「わらじかつまぶし」とは?

  3. 草津温泉の湯畑

    草津温泉のシンボル「湯畑」の散策を楽しもう!

  4. ちんばたの秩父名物W丼の並

    「ちんばた」の「秩父名物W丼」は豚みそ丼とわらじかつ丼を一度で楽しめる贅沢丼!

  5. ほんとのインド料理とカレーの店の秩父わらじカツカレー

    インドカレーと秩父名物わらじカツがまさかのコラボ!「秩父わらじカツカレー」が食べられる「ほんとのインド料理とカレーの店」

  6. 鬼平江戸処の提灯

    鬼平犯科帳の世界観と江戸の街並みを再現した「鬼平江戸処」で江戸にタイムスリップ!

  7. サイボクハムの看板

    豚のテーマパーク「サイボクハム」で1日楽しもう!

  8. わへいそばの外観

    秩父の「わへいそば」でくるみ蕎麦を食べよう!

  9. 秩父の大島屋

    三峯神社正参道の茶屋 大島屋で絶景の景色を眺めながら秩父名物「わらじかつ丼」を食べよう!

  1. 草津温泉「茶房ぐーてらいぜ」の外観

    草津温泉の喫茶店「茶房ぐーてらいぜ」に寄ってよい旅をしよう!

    2019.12.26

  2. 草津温泉「喫茶去」の外観

    草津温泉「奈良屋」併設のおしゃれなカフェ「喫茶去」で一服しよう!

    2019.12.26

  3. 草津菓匠 清月堂 門前通り店の外観

    草津菓匠「清月堂」の「カフェ花いんげん」でひと休み!

    2019.12.26

  4. 草津温泉「大滝乃湯」の外観

    草津温泉「大滝乃湯」で美人の湯として名高い煮川源泉に草津伝統の…

    2019.12.15

  5. 熱乃湯の湯もみと踊りのショーの湯もみ場

    「熱乃湯」の草津温泉名物「湯もみと踊り」ショーで伝統を肌で感じ…

    2019.11.19

  6. 草津温泉三湯めぐり

    「ちょいな三湯めぐり手形」で草津温泉をお得に堪能しよう!

    2019.11.13

  7. とんかつの店「とん香」のジャンボロースかつ定食

    草津温泉「とんかつの店 とん香」で絶品とんかつを食べよう!

    2019.11.03

  8. 草津温泉「暖」の生姜焼き定食の生姜焼きの肉

    草津温泉「暖」の「あの生姜焼き」を食べに行こう!

    2019.11.03

  9. ふだらく本舗のゆばむすび

    日光名物「ゆばむすび」を食べに補陀落本舗に行こう!

    2019.09.14

  10. かまやのNIKKO丼

    かまやカフェ・デュ・レヴァベールのNIKKO丼(日光丼)は日光名物「…

    2019.09.13

アーカイブ

カテゴリー